任意売却相談レポート

3年程前と今の、私が受けた任意売却相談数の比較レポートです。

[table id=2 /]

 振り返ると、3年前は、任意売却を行っている業者が今より少なく、首都圏以外を対応している業者はさらに少なかったため、相談の8割が首都圏以外からの相談でした。任意売却という言葉自体ご存じない方も多く、相談の時期は、競売開始決定が届いた頃がピークとなっていました。

 今はというと、住宅ローン破綻のドキュメント番組が制作されたりして、任意売却という方法は周知されつつあるようです。 早めに相談していただくケースが増えて、業者を選択する時間に余裕があり、計画的に売却手続きを進めていくことができます。

 相談件数が減っている点については、任意売却をする人が減ったということではありません。 相談する窓口が増えたことによって、単に私が受ける相談件数が減っただけだと思います。インターネットで検索すれば、各エリアに数社は任意売却を得意としていそうな業者を見つけることができます。少しさびしくも感じますが、わざわざ首都圏の業者や、私に相談しなくても解決できるようになったということなんでしょう。 その結果、相談の7割は首都圏からの相談に変わり、媒介依頼率、1件単価はアップし、ビジネス的には効率がよくなりました。

 リースバックや、親子間売買、投資マンションを複数保有している方等、任意売却の中でもさらにワケありな案件は、相変わらず首都圏以外からも多いかな。 それでは、また3年くらいしたらレポートしてみます!

スポンサーリンク