配当要求の終期の公告とは

住宅ローン等、債務者の支払いが滞ると、債務者が所有する(担保提供した)
不動産の競売を、債権者が申立てます。

裁判所はその不動産を差押え、競売の申立債権者以外に債権者がいれば
申し出るように期間を定めて物件の概要を公告します。

これが配当要求終期の公告です。

これは実際の資料です。
このファイルの中に記載されています。

裁判所の物件明細等閲覧室にあり、誰でも閲覧、コピーできます。
この公告を見た不動産会社などから、対象不動産の所有者へ、
DMや訪問のアプローチがはじまります。

競売しかないとあきらめていた方も、この段階であれば
競売回避できるケースも少なくありません。

しかし、リースバック詐欺※にあったという相談もありますので、
慎重に手続きを進めた方がよいですね。

※リースバック詐欺
リースバックとは自宅を売却し、その不動産をそのまま使用しながら買主に家賃を支払うことです。
ローンが払えなくて困っている方に「リースバック」で住み続けられると勧誘し、支払い困難な賃料設定で賃料滞納を理由に追い出すケース、住み続けられると売却依頼を受けて囲い込み、リースバック困難な理由を並べて結局住み続けられずに売却させるケースもあります。
また、高齢者を対象に老朽化マンションの修繕積立金値上げの不安を煽り、住み続けながらまとまった現金を手にできたが、買取価格が低すぎるのでは?という相談も入ってきています。

 

配当要求の終期が公告された後、3~6ヶ月程で入札され落札者が決まります。
この配当要求終期の公告後、多くの不動産は競売になりますが、
債務者と債権者の間で任意売却の交渉が成立し取り下げられる事も多いのです。

このまま競売になるよりは、任意売却をされたほうがメリットがあります。
対象の方は任意売却という方法も一度ご検討ください。

ちなみに、競売を入札しようとするときに必要な3点セット
(物件明細書、現況調査報告書、評価書)
もこちらで入手できます。

スポンサーリンク
おすすめの記事