スポンサーリンク

競売落札後、リースバックの相談

任意売却アドバイザーの板垣です。

物件調査で巣鴨に行ったので赤パンツで有名なマルジ

チラ見してきました。

新元号・令和ボクサーブリーフ1480円、結構しますね。

ネタで買おうかと思いましたが、貧乏性で見るだけでした。

 

さて、今日は少し前の話ですが、リースバックの相談です。

自宅が競売になり、売却許可決定日が6/20でした。
買受人からは、1500万円用意できるなら譲ってくれると交渉できました。
別の方でオーナーを探してリースバックをしてもらいたいです。

でも、もし7月末迄に1500万円で買ってくれるオーナーが見つからなければ、
強制退去をしてもらうとも言われました。

犬が複数匹いて引っ越し先はまだ見つかっていません。
と言いますか、引っ越しせずに自宅を守りたいのです。
早急にリースバックをしてもらい、買い戻しも視野に入れそのまま住み続けたいと思ってます。

相談者は、競売で落札されてしまった自宅を誰かに買ってもらい、そのまま賃貸で住みたい。

さらに将来買戻しもしたいと言っております。
 

競売も終わったのにいまさらそんな相談されても、、、

と思いましたが一応、物件を調べてみます。
 

物件は1000万円で落札されたようです。

買受人は法人で、きっとリフォームして再販するのでしょう。

何もしないで1500万円で購入する人いるなら、買受人としてはOKしますね。
 

で、結局この相談者にははっきり申し上げました。

「1000万円で落札された物件を、1500万円で購入する投資家なんていません。

ペット可物件は少ないですから、早めに引越し先を探したほうがいいです。

競売終わってから相談されてもなにも出来ません。

お力になれず申し訳ありませんでした。」
 

住宅ローンの督促、税金の滞納、競売の通知、目を背けてしまう気持ちもわかりますが、

超えては行けない一線は、競売開始決定通知です。

この後、裁判所で配当要求を見た不動産屋さんが訪問したり

お手紙が送られてきます。

遅くてもこの段階での相談であれば、何か方法があります。
 

住宅ローン、税金滞納でお困りの方は、お早めに相談してくださいね。

スポンサーリンク