スポンサーリンク

住宅ローン控除2019 中古戸建(住宅借入金等特別控除)

2019年1月26日

2018年に中古住宅を購入していただいたお客様の住宅ローン控除の申告のお手伝いをしました。

これからという方の参考になれば幸いです。


【申告者の情報】
2018年5月 中古住宅購入
共有名義 持分各2分の1
住宅ローンはそれぞれが連帯債務者となっています
給料所得以外の収入はありません

 

まずは、国税庁のホームページから「作成を開始」します。

ICカードリーダライタは持っていませんので、「印刷して書面で提出する」を選びます。

一番左の「所得税」へ進みます

会社員で給料所得の方なので、左の「給料・年金の方」へ進みます

生年月日を入力いただいて、次へ

「給料のみ」をチェックして次へ

当てはまる所をチェックして進みます。

右上の「住宅借入金等特別控除」チェックをします。

源泉徴収票を見て必要事項を入力

住宅借入金等特別控除の右の「入力する」をクリック

該当する所にチェックを入れます。

質問について、はい、いいえで答えます。



必要書類記載があります。(クリックで拡大)↓

必要事項を入力します。

必要事項を入力します。

必要事項を入力します。

 

自己負担金額を入力します。(負担割合合計が100%になるよう調整してください)

計算結果です。

 

あとは、マイナンバー、還付金振込口座を入力して印刷。

必要書類と一緒に税務署に提出で終了。簡単でした。

 

【必要書類】
1、源泉徴収票(原本)
2、住宅ローンの年末残高証明書(原本)
3、土地と建物の全部事項証明(原本)※
4、土地、建物の売買契約書のコピー
5、申告書
6、マイナンバーカード+身分証明書のコピー

※ 購入時の謄本で可(3か月以内等の期限はとくになし)。共有者の分はコピーでも可(「原本は共有者の資料に添付」とメモする)

また、道路部分についても一応添付くださいと言われましたが、なぜか謄本が見当たらないので、今回は道路部分は添付なしで提出しました。おそらく大丈夫かな?

スポンサーリンク