リースバックで住み続ける



リースバックのページ更新しました。

任意売却におけるリースバック(住宅ローンが払えず、第三者に不動産を売却して、元の所有者と賃貸契約を結びそのまま住む)は、市場価格より残債務が多いので、今まで何十件と相談を頂いていましたが、ほぼ、まとまりません。

成功しても、今度はその賃貸が払えないという悲惨な話もありました。

ただ、ここ最近は8%程度の利回りでも築浅、駅近物件であれば、投資家に検討してもらえるようになったので少しページを更新しました。

「住宅ローンは返済済みで、老後資金を確保したい」
という方のリースバックのほうが、悲劇を産むこともないですしスムーズです。

先日、リースバックでこんなご相談がありました。
【いま(競売の)入札期間中なんですけど、なんとかリースバックできませんか?】
いままでどこかの業者さんに頼んでいたようですが、債権者との折り合いもついていなければ、購入者も見つかっていないというのです。

これは極端な例ですが、競売手続きが進んでいるようなケースも対応できません。
住宅ローンが払えなくても出来ることなら、そのまま住みたいですよね。
任意売却におけるリースバックの成功確率は、高いものではありませんが早めに相談いただければ確率は上がります。

スポンサーリンク
おすすめの記事