嘘のような本当の話(その1)

マンション所有者の姉からの電話相談でした。
 弟が北八王子駅から歩10分のマンション(104号室)を所有しているのですが、離婚して自暴自棄になっているようで、住宅ローンの支払から、管理費、固定資産税、全て払っていないんです。先日とうとう、裁判所から競売開始決定が届いてしまいました。姉として、何か出来ることがないかと色々調べご相談させていただく次第です。
 何とか、任意売却をして、弟の負債を少しでも軽くしてあげたいんです。あとは、勝手なお願いなんですが、引越代もない状態なのでその辺りも考慮していただけるいと助かります。


 とても、しっかりとした口調のお姉様でした。姉としても、調べていく中でマンションを残すことは難しいということはわかっていたようです。
競売開始決定通知が届いているということなので、早急に手続きを進めなければいけません。物件所在地など聞いて、レインズで簡易査定をしてみることに。
すると、同一マンションで同じ階の物件が販売されているじゃないですか。
2980万円、82㎡、リフォーム後引渡し予定。
リフォーム後で、2980万円なので、よくても、2700万円くらいかなぁ?と思って、その販売図面をもう一度みていると、部屋番号のところに、104号室とかかれてます。
えっ?
しばらく、フリーズしていました。
次回へつづく
テーマ : 不動産・競売

スポンサーリンク