ブラックリストってどこにあるの?

ブラックリストとは、実際に「ブラックリスト」という要注意人物リストなるものがあるわけではありませんが、住宅ローン、ショッピングローン、キャッシング等への支払いを数ヶ月にわたり延滞した場合個人信用情報に延滞情報、もしくは事故情報のことをいいます。世間では、いわゆるブラックと一般的に呼んでいます。

任意売却をする場合、銀行の支払いを滞納して(ストップして)いるのですから、個人信用情報には記録されます。この場合、5年間はローンやカードを作ったり出来ないでしょう。

それ以外の生活に支障をきたすことはありません。
任意売却をするから、ブラックになるわけではなく、その過程で事故情報として登録されてしまうんですね。生活に支障はないと言いましたが、破産をするということであれば、資格制限があるのでよく考えてから手続きをしてください。

スポンサーリンク