全国不動産業者任意売却相談ネットワーク

任意売却ホットライン


2008.06.11

不動産引渡し当日に起こった出来事

宮城県の仙台まで、代金決済で行ってきました。
今回は、家族間でも売買になるため、いつもにも増して慎重に話を進めていたのです。
決済当日の持ち物、金種、司法書士や債権者との事前打ち合わせなどなど
完璧だと思っていました。
そこに落とし穴があったのかもしれません。
10年ぶりに、決済が飛びました!
朝から司法書士から、携帯に電話が入り
当日の朝に確認で謄本を取ったら、、、 なんと1週間前に
差し押さえ
の登記が市役所から入ってる」 とのこと。
頭が少し混乱しているので、少し冷静に考える。
住民税、固定資産税などの税金関係は払ってるって言ってたしなぁ。
考えてもわかるはずも無く、所有者に電話して聞くことに。
「市役所から差し押さえ入ってるんですけど、何を滞納してるんですか?」
所有者 「あー、そういえば住民税少し遅れてるかも知れませんねぇ」
まったくのん気なものです。
結局、市税50万円ほど、国民健康保険50万円ほどの滞納が発覚!
どこが少しだよっ がちょーん 「税金の滞納はないですか?保険は大丈夫ですか?」
確かに3ヶ月前に確認しましたけど、もっとしっかり確認すれば良かったと反省。
債権者の皆様どうもすみません。
再度きっちり、セッティングし直しとなりました。
任意売却の相談はお早めに
不動産任意売却サポートセンター

2008.06.09

口頭弁論期日呼出状および答弁書催告状

 「口頭弁論期日呼出状および答弁書催告状」
が届きました。
「出廷しないと、給料等の財産を差し押さえます
と記載されていますがどうしたらよいでしょうか?



もう5年ほど、住宅ローンの支払が滞っていたので、給料差し押さえになっても
やむをえないですね。
ただ、他にもカードローン、国民健康保険、住民税、固定資産税等合わせると
500万円! 
他の借入れ(滞納)が多かったため、幸か不幸か給料差し押さえになる
可能性は低そうです。
(A債権回収の担当者の考え)
Aが給料差し押さえをすれば、当然生活が困窮
     ↓
他の返済はできない。
     ↓
B、C、D債権会社が「払え!」催促をする
     ↓
Aが給料差し押さえをしていることが他の債権者にバレる。
(実際には、もっと早い段階で知っているでしょうけれど)
     ↓
B、C、D債権会社からも給料差し押さえになる。
     ↓
A債権者の取り分が減る。
     ↓
ある程度納得できる金額なら
話合いで片をつけよう。
大枠ですが、こんな感じでしょうか?
自己破産だけはしたくないという依頼なので、何とかしてあげたいんですけど
こればっかりは、やってみないとなんともいえないんですよね。
そんなのいい加減だなって言われたこともありますが、それが現実です。
本来は、一括返済しなければいけないわけですから。
まずは、自宅を売却することからはじめます。
完済にはなりませんが、債権者と交渉して、相談者に
いくらかお金を渡してあげられるように頑張ります。
任意売却の相談はお早めに
不動産任意売却サポートセンター 0120-281-864

2008.06.06

債権譲渡のご連絡通知

 2年前に任意売却が終わった方からの久々の連絡。
まあ、いつも電話来るときは困ってるときなので、電話がないのは
良いことなんですが、、、
「札幌のオリンポス債権回収株式会社というところに債権譲渡されるみたいです。大丈夫なんでしょうか?」
大丈夫か?と聞かれても返答に困ってしまいます。
ちなみに、鈴木さま(仮名)は売却してから2年、約2000万円の負債に対して
1円も払ってきてません。
あとは、私がいつも話していることですが、アドバイスをして納得した様子。
(債権者の方も多くアクセスしてるので詳細は書けません)
アドバイスと言っても、踏み倒しちゃえばいいよ~っ
なんて事は言ってませんので。
任意売却の相談はお早めに
不動産任意売却サポートセンター 0120-281-864