全国不動産業者任意売却相談ネットワーク

任意売却ホットライン


2008.07.04

親子間売買の住宅ローン

「実家が競売になってしまってるんですけど、
息子の私が買い戻すことはできませんか?」
札幌からのお問合せでした。
金額的には、1500万円程で買い戻し出来そうでしたので、
息子が住宅ローンを組める状況なのか?年収、勤続年数、借入れ状況など
聞いていくが、、、
義理のお兄さんの保証人(事業資金)になっていて、支払が遅れ気味とのこと。
早速、雲行きが怪しくなってきたので、一回電話を切って確認してもらう。
30分後、債権回収会社からの通知を見つけて電話がかかってきました。
期限の利益を喪失したので、一括返済して下さい」
と書いてあるそうです。。。
親子間売買だから厳しいなどといった問題ではなく、住宅ローン組めません。
あとは、親族などで買い戻しに協力してくれる方がいれば良いのですが。
任意売却の相談はお早めに
不動産任意売却サポートセンター 0120-281-864

2008.07.01

路線価

 相続税や贈与税の算定基準となる路線価が国税庁から発表されました。
全国38万地点の標準宅地の平均額は1平方メートル当たり前年比10・0%増の
14万3000円 3年連続で上昇
都市部が上昇、地方圏は横ばいの状態で、大都市圏と地方圏の二極化とも
言われてますが、新築マンションの売れ残り状況などを見ると、
大都市圏の伸びにも鈍化の兆しも見え始めているようです。。
 
ちなみに、最高値をつけたのは銀座5丁目の銀座中央通りにある
「鳩居堂」前、百貨店「三越」前などで、
前年より27・6%上昇して3184万円。坪単価1億円ですね
はがき1枚当たりの面積が、なんと47万円

2008.06.30

不動産売却損の確定申告(損益通算)

○特定居住用財産の譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例
不動産売却(任意売却)の譲渡損失は損益通算できるんですか?
・購入金額(取得費)3500万円
・住宅ローン残高  2100万円
・売却金額      1000万円
【answer】
損益通算は出来ます。
計算方法は、任意売却のほとんどのケースは
「住宅ローン残高-売却金額 = 1100万円
となります。
ほとんどのケースと言っているのは、
・取得費<住宅ローン残高
・買換え
の場合、取得費-売却金額になることもあります。
そして、減価償却の計算をしなければいけませんので、詳しくは
最寄の税務署に相談されたほうが間違いないでしょう。
【特定居住用財産の譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例】
確定申告書を提出する個人が、平成16年1月1日から平成21年12月31日までの間に譲渡の年の1月1日における所有期間が5年を超える居住用財産(譲渡資産)の譲渡(特定譲渡)をした場合において、その個人が特定譲渡に係る契約を締結した日の前日において譲渡資産に係る住宅ローンの残高があり、その特定譲渡による譲渡所得の金額の計算上生じた損失の金額がある場合には、その損失の金額のうち一定の金額について、損益通算する特例及び翌年以後3年内の各年分の総所得金額より繰越控除する特例の適用を受けることができます。
わかりにくいので要点をまとめると、
1、平成16年1月1日から平成21年12月31日までの間に行われる譲渡である
2、所有期間が5年超。
3、居住の用に供している家屋とその土地
4、親族等に対する譲渡でないこと
【参考】国税庁タックスアンサー
http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3390.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3392.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3393.htm

Read more »