全国不動産業者任意売却相談ネットワーク

任意売却ホットライン


2008.06.19

抵当権消滅請求をしたい

自称、【事業再生コンサルタント】の方からのお問合せ
抵当権消滅請求をしたいんですが、
御社では対応できますか?」

胡散臭い匂いがプンプンです。
自称、【事業再生コンサルタント】の方いわく、A社長(不動産所有者)の会社をM&Aするが、6ヵ月後には2,3億以上の売上(月)が上がるそうです。なので、抵当権諸滅請求をして半年後くらいにAさんが買い戻したいという話です。
売上が 2,3億って、仮にもコンサルタントと名乗ってる人にしてはアバウトですね。
2億円と、3億9千万円では全く違いますから。
そんなことを聞いてても、仕方ないかと思い、
抵当権消滅請求をするんだったら、買う人は誰ですか?」
聞くと、まだ決まってないとのこと。
トホホ、という感じです。
そこが決まらないと何も進みません。
決まってたとしても、ほとんどは現金で用意できず、任意売却をすることの
ほうが多いのに。。。
抵当権消滅請求をするには、住宅ローンは組めませんので
所有権を移してから気がついても手遅れです。
任意売却の相談はお早めに
不動産任意売却サポートセンター

2008.06.17

競売で落札者がいない場合?

競売で落札されなかった場合、特別売却になり、買受可能価額 以上で申し出ができ、先着順となります。特別売却でも売れなければ再度鑑定し直し、又は、鑑定しないで価格を下げ再び入札期日が指定されます。
それでも売れなければ同じことを繰り返しますが、3度売れなければ債権者に通知し、3ヶ月以内に買受人が居ることの手続きをしない限り、競売は取消となります。(民事執行法68条の3)一旦取消となれば競売はなかったことになります。
入札する人にとっては、安く落札できる可能性がありますが、何故落札されなかったのか?という理由を確認する必要があります。世の中、おいしい物件なんていうのはほとんどありませんから、何か重大な欠陥があるのかもしれません。
また、所有者にとっては落札されなければ、しばらくはそのまま住み続けることができます。ただ、債権者も山奥などで、競売をしても落札されないような物件だとわかっていれば、競売にしませんから特売や、2度目の競売では落札されてしまう可能性が高いです。(嫌がらせされるよう事情があれば別です)
金額的には、相場よりだいぶ安くなると考えられますので、親族などの協力が得られるのであれば 親子間売買 を検討できるかもしれません。
任意売却の相談はお早めに
不動産任意売却サポートセンター
ブログランキング・にほんブログ村へ

2008.06.16

ボーナス払いは大丈夫ですか?

 もうすぐボーナスですね。
全業種平均妥結額は前年夏季比0・59%増の
93万329円
伸び率はやや鈍化しているようですが、うらやましいですねぇ(独り言)
使い道は、皆さんそれぞれ決まっているんでしょうか?
さて、そんな楽しみな季節を向かえる方がいる反面、悩んでいる方も多いでしょう。
業務縮小、業績不振などで、ボーナス減額ボーナスカットリストラ。。。
住宅ローンの
ボーナス返済は大丈夫ですか?

キャッシングなどで延命措置をとっても、自転車操業になるばかりです。
「銀行に支払い方法の変更に相談にいく、休日にアルバイトをして収入アップさせる」
といった根本的な解決をお考えください。
まだまだ、人生は長いです。
住宅ローンが払えないからといって人生終わりではありません。
ご自宅を残す道がみつかればベストですが、
ムリであれば早めの決断が必要かもしれませんね。
任意売却の相談はお早めに
FC2 Blog Ranking  ブログ王ランキング