全国不動産業者任意売却相談ネットワーク

任意売却ホットライン


2008.08.07

固定資産税評価額と不動産取引価格の関係

名古屋からのお問合せ
Aさんは自宅を手放さなければいけない状況なのですが、
知り合いBさんがその家を購入したいと言っているそうです。
 Bさんはその家に住むつもりはなく、Aさんに家賃程度で貸してあげるつもりのようです。このように、身内の方や、友人が買い取ってくれるというのが一番望ましいことです。Bさんのような善意を持った人はすばらしいですが、Aさんの周りにそういう協力者がいるということは、Aさんの人柄や人間性がすばらしいということなんでしょう。
私の簡易査定では3000万円程なので、もちろん債権者次第ではありますが、3000万円お金を出せるのであれば、大丈夫だと思いますよという話を先日していました。
しかし、お金を出す立場のBさん。
私とは電話だけでの話しで、
ひょっとしたら詐欺にあうんじゃないか?
あそこの会社は大丈夫なのか?

不安があるのは当然のことです。
Bさんなりに近所の不動産屋に聞いたり、勉強されたのだと思います。その中で、固定資産評価証明書を取得して見てみると、土地建物で2000万円になります。
その金額を見た、Bさんは私が3000万円と言っていたので不信感を膨らませたと思います。
Bさん
「3000万円は高いんじゃないんですか?固定資産税評価額は2000万円なのでそれくらいでいいんじゃないですか?」

私  
「そうですね。私ども不動産会社は高い金額の方が、仲介手数料も増えますけど、お金を出すBさんにとっては、少しでも安くならないか?とお考えになるのももっともです。」
Bさん
「じゃあ、2000万円になるんですか?」


「ちょっと聞いていただきたいのですが、固定資産税評価額とは、固定資産税など土地と建物にかかる税金の基準となる価格であって、固定資産税評価額=市場価格 ではないんですね。」
Bさん
「えっ!そうなんですか?」

Aさんとは、まだ専任媒介契約を締結していない状況なので、細かく調べてはいませんでしたが、2000万円では、債権者の住宅金融支援機構は認めないというのは明らかです。
3000万円まで予算があるという話が聞ければ、あとは私の仕事で、少しでも安くまとめるよう努力するだけです。その結果、2400万円になるのか?3000万円になるのか?ということです。
Bさんも納得したようなので、最悪いくらまでなら出す気があるのか?という金額を考えておいて下さいと伝え電話を切る。
不動産業界にいる私でも、不動産会社ってうさんくさいイメージがあります。実際そんな人もたくさんいますので、疑問点や不安なことは気軽にお問合せ下さい。その中でコミュニケーションもとれていきますし、遠方で会えない方でも、話をすることで少しの安心感は与えられると思います。
ちなみに固定資産税評価額とは、固定資産税や不動産取得税
登録免許税等の税金を算定する元となる価格です。
土地は公示価格の7割、新築の建物の場合は建築費の5~7割程度と一般的にいわれています。
FC2 Blog Ranking  ブログ王ランキング

2008.08.05

はじめての任意売却ホームページ

任意売却のホームページ、ブログ始めて三ヶ月たったので、
自分のメモ代わりに、ちょっと書き込んでみます。
アクセス総数が、1日3000オーバー!
なんて言いたいですがまだそこまでは遠いです
不動産任意売却サポートセンター (Google PageRank2)
検索ワード「任意売却」
Google 28位
Yahoo! 85位  (トップページが出てこないので圏外によく消えてる)
相談者のほとんどは、伊藤社長の本を読んだか、紹介案件なので、
もっと、ネット反響に力を入れないとだめですね。
ホームページjは修正するページ、増やしたいページがあるんだけど、
仕事が終わってからやってるので、なかなか進まない、、、と言い訳。
ご相談者の皆様!! 頑張ってクリックお願いします。
任意売却ブログ (Google PageRank2)
検索ワード 「任意売却 ブログ」
Google 2位
Yahoo! 3位
素人にしては、頑張ってる?
プロの人からすれば、「フフンッ!」鼻で笑わらわれそうですけど。
アクセスはGoogleのほうが、多いのですが、Yahoo!で検索してくる人のほうが
問い合わせしてくる数は多いみたいです。
任意売却の相談は8月に入って、夏休みモード?なのか落ち着いてきた感じですが、
現在進行中の案件が動いているので、残念ながら?仕事量は変わりません。
でも仕事があるのは、幸せなことだ思わないといけませんね。
ゼファー、三平建設のように上場会社でも倒産しているし、
不動産の仲介しかやっていない会社でもバタバタ倒れてるし、
任意売却の専門会社でも倒れそうなとこがあります。
(身内話ですいません)
まあ、でも不動産仲介会社は1駅に10件、20件と多すぎる気がするので、
淘汰されたほうが良いかもしれません。
敵をつくるような発言はこの辺にして、最後にお知らせです。
ブログの名前を変更します。その名も
【任意売却24時!】
「任意売却相談者の軌跡」でも良かったのですが、作り始めて気づいたんですが、他のブログのパクリっぽいので変更してみました。
任意売却24時だって、警察24時のパクリだろって声が飛んできそうですが、ジャンルが違うので。
競売24時っていうブログも始めようかなあと思ってますがそれこそ、警察24時とかぶるよなぁ。。。
FC2 Blog Ranking  ブログ王ランキング

2008.08.01

国税の差押(2)

前回のブログ → 国税の差押え(1)
数日後、
国税職員 「すぐに差押解除はできないんですけど、、、」
歯切れが悪く、のらりくらりしてるので、少し苛立ってくる。
私     「じゃあ一時金(ハンコ代)155万円でどうですか?」
国税職員 「少々お待ち下さい」  んっ!!なんか様子が変わった。

結局、再度電話くれるとのことで電話を切って待つことに。1時間後、
国税職員 「滞納金が4000万円なのでもう少し頑張っていただけないでしょうか?」
私     「頑張るって具体的にいくらなんですか?」
国税職員 「・・・ 私からはちょっと、、、」

具体的金額を自分の口から言えないようなので
私 「たとえば200万円、何とか用意したとしたら、解除できるんですか」
国税「そうですねえ。確約はできませんが、前向きに検討させていただきます」

前向きに? っていう言葉にまたまたイラっとしてしまいましたが、
その後あれこれ話して、最終的に200万円で、差押え解除の内諾をゲット!
おーっ!ハンコ代で応じるんだぁ!200万円も払う気はないけど、
ハンコ代で応じるということに感動。
担当者ベースで扱い方がちがうんですかねぇ~
一度ダメだったからと言って、決め付けてしまうと、新たな道を切り開くチャンスを失ってしまうこともあるんですね。日々勉強です。
後日、差押解除の本当の理由がわかりましたが、現在進行形なので、ほとぼりが
冷めた頃、アップします。
任意売却サポートセンター
FC2 Blog Ranking