Home > 任意売却のあと、残債務

2016.03.28

債務消滅交渉は出来る?

3/27佐倉朝日健康マラソンに参加してきました。
 
気温も低く走りやすかったんですけど、自分自身の調子もいまひとつ。
 
初フルの女子にも抜かされて、ヘロヘロになってゴール。
 
もう少し練習しないと楽しめませんね。
 
IMG_2308
 

さて、今日の相談。

 

「任意売却後の債務は残ると思うんですけど、それを消滅させる交渉はして頂けるのでしょうか?」

 

「こちらは不動産会社ですのでそのようなことはしておりません。」

 

「あ、そーなんですか。 なんか他のホームページには債務を消滅させるというようなことが書かいてありましたけど。。。」

 

「すいません。当サイトに記載していることではありませんので、お答えしようもありません。そちらのサイトに問合せされてはいかがでしょうか。」

 

何に対して不安に思っているかを聞くことも出来ず、表面的な会話だけで終了。

 

任意売却終了後、残った債務についての話し合いの際に、一括である程度まとまったお金を用意して支払ったら、残りを免除するという話しが債権者から出てくることがあります。

 

でもそれは、「債務消滅」とは違いますし、不動産会社がその交渉をするわけでもありません。アドバイス的なことはできますが、あくまでも当事者同士での話です。

 

電話を切った後、少し冷たかったかなとも思いましたが、「うちで任意売却すれば債務免除交渉もしますよ」なんてことウソになってしまいますしね。

 

全身筋肉痛なのでで、散歩してカラダほぐしてきます。

 

2014.08.21

債務免除交渉の相談

毎日毎日、とにかく暑いです。


先日、横浜美術館前でなにかやってると思って、近づくと、

IMG_1880

ピカチュウ大量発生中!!!

IMG_1881

この暑い中、着ぐるみきるだけでもつらいのに、踊ってる(-_-;)
涼しくはなりませんでしたが、なんか笑えました。
イベントはすでに終わっているようです。


さて、今日の相談です。


はじめまして。
貴社に相談する内容かどうかわかりませんが、教えてください。
私は元夫と購入したマンションの連帯債務者です。
マンションは離婚後任意売却しております。
残債(元本2000万+利息+遅延損害金=2500万)が残っており債権回収会社(エム〇ーフロンティア)に返済が困難状況と減額をお願いする旨を書いて生活状況確認書を提出しました。
発送1週間後にこちらからエム〇ーフロンティアに電話してみましたが「全額返済か自己破産しか債務を免れる方法はない」と言われてしまいました。
この先どのように減額交渉したらいいでしょう?又はこのよう相談できる先をご存知なら教えていただけますか?






お問い合わせ頂きありがとうございます。
担当の板垣と申します。

当社は不動産会社ですので、債務免除交渉を代理人となって行うことは出来ません。
任意売却後に残債務についてお困りの場合は、業としてではなく担当者が個人的にアドバイス程度ではありますが、対応させて頂いております。

しかしながら、〇様のケースでは、申し訳ありませんが当社で任意売却手続きをされたわけではありませんので、状況がわからずコメント致しかねます。

やはり任意売却を依頼された会社に相談するのが一番かと思いますが、既に相談済みで対応してもらえないようであれば、弁護士等の専門家に相談するお話かと思います。
債務免除ではなく、自己破産をすすめられるかもしれませんが、あなたにとってどんな選択肢があって、どの道が一番良いのかをよくお考えの上、決められることをお勧めいたします。

お役にたてず申し訳ありませんが、〇様にとって、
良い方法が見つかることをお祈りします。

以上。



住宅ローン債務が残る任意売却では、マイホームを処分して終わりではありません。不動産屋の仕事としてはそこで終わりなんですけど、任意売却された方にとっては、そこがスタートでもあります。

売却後どんな返済計画で支払っていくのか、支払えないのか、支払わないのか?
任意売却を依頼するときには、その辺も当然ある程度決めてから、任意売却の手続きをしたほうがいいと思います。
というか、その辺の説明も聞かないで売却依頼をしたんでしょうか?

聞いたけど、忘れちゃったのかもしれませんね。


 



2012.03.29

残債務を公正証書で締結

任意売却の相談の段階でも、勉強されている方が増えてきたようで、マイホームを売却して残った債務については、「チャラになる!」 なんて考えている方は少なく、支払い義務は残るということは認識されている方が増えたように思います。ただ実際の支払い方法については金銭消費貸借契約を再締結して、分割で支払っていくとお考えの方もいらっしゃいます。

本当にそのようなことになるんでしょうか?

可能性はゼロではありませんが、毎月の住宅ローンの支払いが苦しくて、延滞を繰り返して期限の利益を失い、全額繰上げ償還請求(一括請求)されている状況ですから、不動産を処分して残った債務についても、当然一括返済しなければいけません。

でも一括で返済できるくらいの資力があれば、そもそも延滞しないですし、売るような話にもならなかったわけですので、払えるわけがないというのが現実です。

一方、債権者側の立場としては、支払いできないのは難しいと分かっていても、「もう払わなくていいですよ」 なんて言えるはずもありません。そういった双方の思惑が交差する中で、債務者側から
「払いたいんですけど、当面は生活も安定しないので月々数千円ずつで、、、」
と伝えることで、債権者側としては、競売になるより任意売却の方が配当が多くなるので、
「しばらくはそれで仕方ありませんね」
渋々?かどうかはわかりませんが、話がつくのです。

公正証書

と、前置きが長くなりましたが、売却後の支払いを公正証書で再契約して、分割で支払わせるケースもございます。

今回は、連帯保証人の不動産を共同担保に取られていて、首根っこをつかまれている状態でしたので、残ったものは分割で支払いたいと事前に話し合いをしていたため、公正証書作成にも同意しました。
幸いにも高めの金額で購入者が見つかったため、残債務は約300万円となり、月5万円程の5年払いということになりました。連帯保証人のお父様の家(実家)を、取られるわけにはいきませんし、500万円以上は残るかもしれないと考えていたため、その点では良かったのかなと思います。

そして別件ですが、またその保証会社から公正証書の話がありました。社内の流行なのでしょうか? 公正証書の話なんて今まで一度もしてこなかったのに、2件続けてこのような話があると今後もあるのかと勘ぐってしまいます。

「そこまで追い詰められるんだったらそもそも任意売却自体も辞めます」

と言って、今回は分割の念書程度で済みましたが、ここまで本気で取り立てられる案件が増えると、任意売却をする意味を考え直さなければいけない時がくるかもしれませんね。

Next »