Home > 未分類

2016.02.20

任意売却は計画的に?

「家を売りたいんですけど」

電話に出て、最初に聞いた言葉でした。

詳しく話を聞いてみると、任意売却をすることは問題なさそうですが、固定資産税を100万円程滞納しています。当然、役所からは差押えされていますので、売却時に全額精算しなければいけません。

固定資産税
住宅ローンの支払いが厳しくて売却しようという方が、失礼ですがそんなお金を持っているとも思えません。

 

「固定資産税を精算しないと差押え解除してもらえないんです。差押え解除できないと所有権移転もできませんので、、、つまり売却は出来ないんです」

 

伝えると、

 

「じゃー、税金払えばいいんですか。一応引越しのお金とかは準備しているんで、借りて返すことも出来ると思います」

 

「100万円をですか?」

 

「はっきりした理由があれば大丈夫だと思います。先に支払った方がいいですか?」

 

「払えるなら支払った方がいいですけど、目途が立てばとりあえずは大丈夫ですよ」

 

「わかりました。じゃあ、確認してまた連絡します。」

 

 

ローン支払いの継続が困難だと判断して、計画的に動いているのだと思います。家族の生活をどうしていくかが大事ですので、計画的に物事を進めて行くことは素晴らしいことです。

でも、あえて言わせてもらうなら、税金を10年もためちゃダメです。

住宅ローンより、支払うべき優先順位は上ですよ。
 

【税金を滞納しちゃダメな理由】
・差押えを解除するには完納しなければいけません。
(差押え解除しないと売れません)
・競売になったとしても、税金は免除されません。
・自己破産をしても免責になりません。
・延滞金も発生します。

平成25年12月31日までは、
納付期限の翌日から1ヶ月を経過する日までの期間:年4.3%
その後の期間:年14.6%
平成26年1月1日からは、
納付期限の翌日から1ヶ月を経過する日までの期間:年2.9%
その後の期間:年9.2%



 

2015.06.11

詐欺の被害者から

暖かくなってきたので、最近自転車に乗ることが多いです。
でも、冬の時期のらなかったせいなのか、ギアの入りが悪くて、
自転車屋さんに持っていきました。

asahi
真ん中のネジを緩めたり閉めたり、10秒後
「ちょっと一回りしてきてください」

IMG_1917
一発で完璧に仕上ってます!
ついでにブレーキ調整してもらっても
5分とかからず終了。
さすがプロですね。
ちなみにここまで来るのに、自転車で30分くらいかかったんですけど…

 

 

今日はWEBサイトからのお問合せについてです。

慌てているのかもしれませんが電話の際、
どこの会社が運営しているのかも確認しないまま、とりあえず電話してみよう! という方も多くいらっしゃいます。

「住宅ローン無料相談」
「不動産トラブル相談」

したがってこのように誤解されたまま、お問合せの方もいらっしゃいますので、話が噛み合わないこともしばしばあります。そんな中でも、だいぶ珍しい相談でした。
電話で開口一番

 

「情報提供の電話なんですけど・・・」

 

というのです。
よくわからないので、まずは話を聞いてみます。不動産の物件概要、借入先、差押え状況等、細かく説明されます。
ひと段落したところで、最初から気になっていた質問をぶつけてみます。

 

「ところで、所有者とあなたはどのような関係なんでしょうか?」

 

「詐欺の被害者と加害者です」

 

「えっ! えーと、本人と連絡は取れるんでしょうか? というか警察には?」

 

「警察に被害届けは出しています。連絡が取れるかはわかりませんけど、電話番号はわかります。あとは直接家に行かれるといいんではないですか」

 

「それは、つまり私がその加害者(不動産所有者)にアプローチして不動産を売りませんか? と交渉されたらどうですか? という意味でしょうか?」

 

「そういったことはされないんですか?」

 

「しないというわけではありませんが、せめてその不動産所有者と面談する段取りまではしてもらえませんか」

 

「それは出来ません。連絡取れませんから」

 

「そうですか。そうなると、こちらでもちょっと、、、」

 

「じゃあ結構です」

 

と電話を切られてしまいました。

 

おおまかにこんな感じすが、要は不動産所有者が出てくるまで張り込んで、出てきたところを捕まえて、不動産売却の同意を取り、売却した代金の一部を自分に支払って欲しいようです。

 

うーん。お力になれるといいんですけど、不動産屋の私には手に余る仕事ですねー。

 

2014.07.22

住宅ローンのボーナス払い

ボーナスのある会社にお勤めの方は、すでに支給されている方がほとんどでしょう。
日本経済新聞社によれば、2014年夏のボーナス調査によると、全産業の平均支給額は13年夏比で5.92%増の818,340円と6年ぶりに80万円台に回復したそうです。

ボーナス払い 住宅ローン
円高修正を追い風に鉄鋼、自動車、部品など製造業の支給増が目立ち、主要企業のボーナス増は、消費増税で減速している個人消費に対して一定の押し上げ効果が見込めるとか。。。

ボーナスの使い道は、

1位 「貯金」
2位  「ローン返済」

この2つが圧倒的に多いのが現実です。

毎月のローンだけでも苦しいのに、今月のボーナス払いをどうしよう!
この3連休は、7月末のボーナス払いをどうしたら良いかという相談がいくつかありました。

 

 

【ケース1】
一時的につらいけど、いまの苦しさをあともう少し頑張れば、なんとか乗り越えられる。具体的には、子供の学費(年間150万円)があと1年半でかからなくなるので、ご主人様は土曜日と夜にアルバイトをして、奥様はパートに出ている。

【ケース2】
親族等にお金を借りたり、貯金を食いつぶして何とか今は出来てるけど、1年後か2年後かには今のままでは間違いなく払っていけなくなる。家族の介護があるため、アルバイトをすることは出来ず、残業も出来ない。


ケース1の場合は、いま支払いが苦しい理由が明確にわかっているので、期限付きで家族で頑張れる可能性は高いと思います。このタイプの方は、任意売却を考えて私の所に相談にくるより、銀行に支払い条件の変更をしてもらう相談にすぐに行くべきです。

ケース2の場合は、仮に銀行に相談に行き、支払い期間を延長してもらったところで、根本的な解決にはなってません。収入を増やすことも難しく、今後さらに医療費等が嵩む可能性もあるので、貯金が底をつく前に売却の手続きを進めた方が良いかもしれません。


 

 

ボーナスで喜んでいる人が反面、その裏側でボーナス払いでお悩みの方も多くいらっしゃいます。住宅ローンを借りるときは、ボーナス払いに依存しすぎないように、住宅ローンの総額の2割以内にすることを私はお勧めしています。

« Previous | Next »