Home > 実録編 > 任意売却業者の変更

2010.06.14

3ヶ月経って

 安田氏の引越し先は家賃6万円のゼロゼロ物件(敷金礼金ゼロ)で見つかり、予定通り契約後3カ月で引き渡しとなった。 もう少し家賃の高いところでも良さそうではあったが、結婚した当時住んでいたアパートに似ていて、再スタートするには良いと思ったそうである。
 しばらくはお金を貯めて、10年後を目標に1500万円くらいのマンションを買えるように頑張っていきますと晴れやかな笑顔で別れた。 売却してこれですべて終わりではなく、住宅ローンの残が500万円程残っているので、お金を貯めてマンションを購入することは簡単な道のりではないはず。 それでも、任意売却を通じて将来に向けた目標を持つことができ、再スタートの力になれてたのなら喜ばしいことである。
売買代金2460万円
仲介手数料 約84万円
抵当権抹消費用 3万円
管理費修繕積立金 39万円
引越し代 30万円
ローン返済 2304万円
住宅ローン残 590万円

2010.04.25

焼き鳥屋さんの紹介

 センター南には友人の焼き鳥屋があり、そこのお客様で茅ヶ崎中央のマンションを探している方いるとのこと。早速、紹介してもらい物件をみてもらうと、すんなり場所、間取りも気に入っていただいたようだ。
 ただ今契約してしまうと、ちょっと問題なのは、まだ安田氏に引っ越すお金がないということ。 事情を買主に説明すると、これもまた驚くほど協力的な返答がきた。
「別に急いでいるわけじゃないんで、3ヶ月後くらいに引き渡しでもいいですよ」
 通常、契約後1カ月程で引き渡しのため、2か月引き渡しが遅れるということは、買主が今の借家を2か月余計に借りることになる。 それを補てんしてくれなんてことも言われていないが、安田氏と相談し、購入申し込み金額2480万円から家賃2カ月分に相当する20万円を引いた2460万円で契約することにした。

2010.03.21

やーっと販売開始

 個人再生手続き等していたため、安田氏から初めて相談を受けてから、半年過ぎてやっと販売開始となった。
債権者との販売価格の調整は、前回依頼を受けていた会社とできていたの早かったですが、3か月以内に任意売却でまとまらない場合、競売手続きに移行しますと期限を付けられてしまった。 住宅ローンを滞納して10カ月が過ぎているので、期限を言い渡されるのも致し方ないこと。
幸いにも人気のあるエリアなので、3カ月あれば十分まとめられそうである。
 気になったのは、マンションが売れた後、引っ越さなければいけないのだが、その引っ越し費用があるのか? 住宅ローン、マンションの管理費、修繕積立金、駐車場代を10か月払っていないので30万円程は手元にあるのかと思っていた。
が、しかし他の支払いに回してしまっていてほとんど残っていないそうである。 ただ、駐車場だけは、管理会社からこれ以上支払いが遅れると解約になると言われていたのを思い出し伝えると、10万円くらいは何とかできるとのこと。
とにかく、売却(引き渡し)までおそらく2~3カ月くらいしかないが、30万円くらいは自分で貯めてもらい、残りは売却代金の中から引越し代として20~30万円配分してもらえるよう調整することとなった。

Next »