Home > 5月, 2011

2011.05.26

任意売却119番

メディアにも取り上げられて評判の「任意売却119番」が商標登録されてました。 いまさら! な話かもしれませんが以下、任意売却119番のホームページより抜粋。

任意売却支援機構株式会社は特許庁に「任意売却119番」の商標登録を申請し、受理されました(商願2010-75067)。
無届での「任意売却119番」に関連した商品の開発、サービスの提供は、商標「任意売却119番」の商標侵害行為であり、禁止・中止の要請を行います。
なお、「任意売却119番」はもちろんのこと、「任意売却119」「任意売却911」「競売119番」「任意売却110番」「不動産任意売却 119番」など、類語の商号を用いて不動産の任意売却に関する相談サービスを提供することも、商標の侵害行為にあたります。


商標登録されると、類語でも商標の侵害行為になってしまうんですね。
いまはまだネットで検索すると類語に該当するホームページが、たくさんあるようですがそのうち変更されるのことになるのでしょうか。
私の勝手な憶測ですが、類語を使用しているからと闇雲に損害賠償請求をするつもりではないでしょうけど、「任意売却119番」の名前を語った悪徳業者は多いので、そういった業者を排除することが目的なんだと思います。
ただ、類語に該当するホームページを管理している会社からすれば、今まで使っていたウェブサイトの名前が急に「商標の侵害行為」だって言われても納得いかない部分もあるかもしれませんね。

と、他人事のように言っていますが、
このブログ名 「任意売却24時」も類語に該当したり?
まあこれは大丈夫かっ!

特許検索
https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopPage
検索項目選択を「称呼」にして、キーワードをカタカナで入力して検索したら
「任意売却119番」で2社登録されてる???

2011.05.14

レインズ登録物件なのに先物?

不動産業者向けな話なんですが、
横浜市磯子区で任意売却の相談を受けたので、その不動産をレインズで机上査定をしてみました。
築年数も近く似た物件が近所で登録されていたので、図面をもらうために元付け業者に電話してみると
「磯子区岡村の中古戸建て○○万円ありますか?」
『えっとー、こちらの物件は先物なんです。』
んっ?
冷静に考えれば、レインズに登録されている = 公開されている物件
なのに、先物で紹介できないっていうのもおかしな話です。
思いもよらない言葉にしばし思考停止してしまいましたが、すぐ正気に戻って
「レインズに登録しておいて先物ってどういうことですか?」
『あ、、う、、でもとにかく先物だって聞いているんで』
と電話切られてしまいました。
先物物件をレインズに登録する意味ってあるんでしょうか?
私が無知なだけでしょうか?

2011.05.12

リースバックのポイント

10年前に3,000万円で新築マンションを購入し、毎月のローンは11万円。 既に5ヶ月滞納しており、5月13日までに滞納分を完納しなければ、保証会社が代位弁済し一括請求されることななりますと脅されています。 リースバックという方法で、自宅を残すことが出来れば、毎月家賃として10万円支払えます。何卒、お力添えお願いします。



このようなメールが届いていました。
そこでまずは、マンションの所在地からマンションの机上査定をしてみました。机上査定ですので、その時期の近隣物件や、室内状況で若干前後しますが、およそ2,100万円でした。表面利回り10%で買うような投資家がいるかどうかはさておき、10%でも年間210万円、月に17.5万円の家賃設定となります。
しかし、家賃の支払い上限は10万円です、そこから逆算すると年間120万円。表面利回り10%でも1,200万円にしかなりません。
つまり2つの大きなハードルがあるのです。
1つ目は、査定額2,100万円の物件が、1,200万円になるか。
2つ目は、1,200万円になったとして表面10%で買う投資家がいるか。
ということです。
最近、住宅ローンの支払いが困難になって、リースバックで解決されたいとお問い合わせを多くいただいております。全力で取り組んでおりますが、簡単にできることではないため、お断りすることもしばしばございますことを予めご承知おきください。
リースバックをまとめる重要なポイントは、(支払える家賃×12)/0.12~0.15が、査定額×0.8以上になっていることと、親族、友人などの金銭面での協力者がいることです。