Home > 8月, 2009

2009.08.28

賃貸マンションの更新料は無効?

賃貸マンションの更新料は消費者契約法 違反で無効として、京都市内の会社員男性(54)が更新料5回分など55万5000 円の返還を家主に求めた訴訟の控訴審判決が2009年8月27日、大阪高裁であった。成田喜達裁判長は、訴えを認めて、1審の京都地裁判決を破棄し、家主側に45万5000円の返還を命じた。
更新料について、高裁の判断は初めて。首都圏や近畿地方の京都などで約100万戸が該当するとされるだけに、マンション契約への影響は大きそうだ。
J-CASTニュースが7月24日付記事で報じたように、京都地裁は別の訴訟で無効判決を出しており、高裁の判断が注目されていた。
判決によると、男性は2000年8月に京都市内の賃貸マンションに月4万5000円で入居したが、1年ごとの契約更新で10万円の更新料を支払わなければならず、5年間計50万円を支払っていた。家主側は上告する方針という。 以上
J-CASTニュース より



わたしの感想としては、敷引特約(保証金35万円のうち30万円)、
更新料2ヶ月というのは、ちょっとやりすぎだと思います。
これが敷引1ヶ月、更新料1ヶ月ということであれば、判決は違っていた
かもしれませんね。 首都圏では2年契約で2年ごとに賃料の1ヶ月分の
更新料が一般的ですから、大きな地域差があるんですね。
貸主は上告するようですが、認められないということになれば単純に
賃料を上げるしかないのでしょうか?
今後も注目していきたいと思います。

2009.08.27

賃借権設定仮登記

 サービサーからバルクセールで取得した債権の中に、任意売却で処理できそうなものがあり、ご相談頂きました。
不動産の謄本を確認してみると、賃借権設定仮登記が設定されていて、担当者いわく、そこの会社と連絡がつかないことが問題点で、何とかしてもらえないかとのこと。
賃借権設定登記とは、不動産登記の態様の1つで、当事者の賃貸借契約による、賃借権の発生の登記をすることを言います。当然ながら、仮登記であっても抹消されなければ売買成立しません。
早速債権者にコンタクトを試みるが、札幌市のため直接行く事も出来ず、調査会社に依頼。謄本の住所には会社は存在していなく、閉鎖謄本をみても不明とのこと。
とりあえず、役員宛てに配達記録で郵便の手続きをしたが、おそらく連絡はないでしょう。となると、裁判所での手続きになり長期戦の様相。一方、サービサーは競売の申立て準備中のため、時間の勝負となりそうですね。
進捗はまたそのうちご報告します。

2009.08.22

大阪市港区

任意売却未公開物件情報
[中古売マンション]
金額     2,780万円
物件名    キングスクエアランドレックス
所在地    大阪府大阪市港区南市岡3丁目
階数     12階/41階建
交通     JR大阪環状線 弁天町駅 徒歩9分
専有面積  71.05m²(壁芯)3LDK 
管理費等   20,540円
引渡し    相談
築年月    平成18年9月
キングスクエアランドレックス 任意売却物件のため瑕疵担保責任は免責
仲介手数料が別途要。
現況引き渡しのため、不動産引渡し後にリフォームを行うことになります。
その他、諸条件ご相談下さい。
詳しく知りたい方は、
不動産任意売却サポートセンターお問い合わせフォーム
からご連絡ください。

(さらに…)

Next »