« | »

2009.08.27

賃借権設定仮登記

 サービサーからバルクセールで取得した債権の中に、任意売却で処理できそうなものがあり、ご相談頂きました。
不動産の謄本を確認してみると、賃借権設定仮登記が設定されていて、担当者いわく、そこの会社と連絡がつかないことが問題点で、何とかしてもらえないかとのこと。
賃借権設定登記とは、不動産登記の態様の1つで、当事者の賃貸借契約による、賃借権の発生の登記をすることを言います。当然ながら、仮登記であっても抹消されなければ売買成立しません。
早速債権者にコンタクトを試みるが、札幌市のため直接行く事も出来ず、調査会社に依頼。謄本の住所には会社は存在していなく、閉鎖謄本をみても不明とのこと。
とりあえず、役員宛てに配達記録で郵便の手続きをしたが、おそらく連絡はないでしょう。となると、裁判所での手続きになり長期戦の様相。一方、サービサーは競売の申立て準備中のため、時間の勝負となりそうですね。
進捗はまたそのうちご報告します。


↓ 何位かな?
 にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ


スポンサード リンク


【関連するブログ記事】

« | »

コメント

この記事にはまだコメントが投稿されていません。

コメントを投稿する