« | »

2008.09.02

父が保証人

静岡市からのご相談 佐々木さま(女性・仮名)
ご主人様との共有名義で、
住宅金融支援機構、年金で 約3,000万円 ローン残
オリエントコーポレーション 約1,000万円 ローン残
借入れ残高合計約4,000万円ですが、3,000万円程であれば買い手はみつかりそうです。
オリコに関しては、佐々木さまの父が保証人になっており、普通預金口座が差押えられてしまっている。
佐々木さまご夫婦は自己破産の申立をしているが、任意売却をすることでオリコの返済を多くして、父の負担を減らしたい。



佐々木さまご夫婦は免責になればそれで終わりですが、お父様にはできるだけご負担をかけたくないですよね。そのためにも、少しでも高く売却できるようにお手伝いできれば幸いです。
 さて、状況を見てみると、オリコは住宅金融支援機構、年金の後順位になりますから、3,000万円で売却できても、ハンコ代程度しか支払えません。3,500万円で売却できれば、単純に500万円返済できますが、現実的には厳しそうです。
ただ、このまま何もせず競売になるのを待つよりは、数十万円程のハンコ代ですがオリコに返済できるという意味で、任意売却をしたほうが遥かに良いと思います。
更に、引越代などを債権者に配分してもらうこと、その他の方法(ナイショ)により、より多く返済できる可能性もあります。
 また、何故か弁護士が任意売却をすることを嫌がっているそうです。弁護士先生というと、偉い人でそんな人に聞きにくいとおっしゃっていましたが、理由はしっかりと聞くべきです。あくまでも、依頼者は佐々木さまです。遠慮する必要は、全くありません。
「あなたがどうしたいのか?」 それが一番です。
「弁護士先生にまかせていたのにっ!」
「大手の会社だから信用してたのに!」

と後で文句を言う前に、やるべきことをすぐにされたほうが良いと思います。
FC2 Blog Ranking  ブログ王ランキング
不動産任意売却サポートセンター


↓ 何位かな?
 にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ


スポンサード リンク


【関連するブログ記事】

« | »

コメント

この記事にはまだコメントが投稿されていません。

コメントを投稿する