« | »

2014.10.30

刑務所在監中の不動産売却


しばらくバタバタしていましたが、やっと落ちついたので、ゆっくりランチしてきました。

 

前から気になっていた「揚げチキン麺」に挑戦。
無料につられて小ライスも。

揚チキンめん
 

スープは醤油のパンチが効いて、魚介風味も若干プラスしておいしいんですけど、揚げチキンは余計だったかもしれません。

 

「ミニ揚げチキン」というのが+100円で別皿であるので、次回はそれでいいかな。
http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140205/14050343/

 

 

さて、今日はちょっと珍しい相談です。

 

ご主人様が、収監されてしまったため、ローンを支払うことが出来ないという話しです。本人確認できないと売却することが出来ないので、売ることはできないって思うかもしれませんね。でも、面会はできますので、その時に委任状もらったりして、手続き自体は出来るのです。

 

今回少しだけ面倒なのは、印鑑登録カードが見つからないことです。実印もあるので、印鑑登録カードさえあれば、印鑑証明も取得できるのですが、見つからないため、印鑑登録廃止申請をして、印鑑登録を新たに申請することなります。

 

あと、任意売却なので、債権者が本人と会えないことを理由に任意売却に応じないなんてこともあるかもしれませんね。その場合は、両親が支払ってくれるそうです(^_^;)

 

先日、ギャンブル依存症の番組をテレビで観ましたが、奥様や、ご両親が利子が付くからといって、借金を肩代わりしてしまうケースがとても多いそうです。

 

ご家族の気持ちは分からなくもないのですけど、借金の肩代わりは絶対にやってはダメなんです。
その時は本当に反省していても、なんとか取り返してやると、再びギャンブルにはまることになるそうです。
借金の肩代わりをしなければ、ギャンブル依存症が治るというわけではありませんが、本人に代わって借金を帳消しにしてしまうと、またいつか困ったら周囲を頼ってしまう繰り返しをしてしまいます。

 

ギャンブル依存と今回の話はだいぶ違いますけど、肩代わりしてあげることが本人のためにはならないという意味では同じかなとも思います。もし本当に肩代わりしないといけないような話になってしまったら、ご両親ともう一度お話ししてみようと思います。

 

↓ 何位かな?
 にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ


スポンサード リンク


【関連するブログ記事】

« | »

コメント

[…]   過去にも似たような相談がありました。 【過去の記事】 http://ninbai24.jp/刑務所在監中の不動産売却 […]

コメントを投稿する