« | »

2009.03.17

不動産の任意売却促進法案、国会提出

自民党は17日午前の総務会で、不動産任意売却促進法案を了承。
住宅ローンの担保となっている不動産を裁判所による競売にかけずに、所有者の意志で売却先などを決める「任意売却」を進めやすくする内容。与党は議員立法で今国会に提出する方針。
 不動産の所有者が買い手を見つけた場合、抵当権第1位の者が同意すれば、ほかの担保権者が1カ月以内に競売の実施を求めたり、5%以上高い価格での買い取り先を提示しない限り、全担保権を外して売却できるようにする。任意売却は競売に比べて期間が短く価格も高いが、これまでは事実上、担保権者全員の同意が必要だった。
(日本経済新聞より)
法案が成立すれば、仕事がしやすくなる?かもしれません。今まで任意売却に応じなかった債権者、法外なはんこ代を要求する債権者とも交渉しやすくなり明るい兆しがみえてきます。
不動産市況も落ち着きを見せたのかは定かではありませんが、物件がものすごく動いています。メデイアが騒ぎすぎなだけで、不動産は買いの時期だと私は思っています。
ということで、個人的に競売に参加してますが、ビックリする金額の入札が多くなってきて、なかなか落とせないんだよなー


↓ 何位かな?
 にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ


スポンサード リンク


【関連するブログ記事】

« | »

コメント

この記事にはまだコメントが投稿されていません。

コメントを投稿する