« | »

2016.11.07

やっぱり身内間の住宅ローンは難しい

google検索で

「一回転」

と検索すると、、、

%e4%b8%80%e5%9b%9e%e8%bb%a2
回ります。

ちなみにスマホでも回りました。

どーでもよい話ですいません。

 

さて、今日の相談です。

離婚した主人名義の家に住んでいるんですが、支払いが難しく売ることになってしまいました。元妻である私が購入できればと思い、銀行に相談に行きましたが門前払いで審査すらしてもらえませんでした。何か良い方法があれば教えていただけますでしょうか。



このブログでも何度も取り上げていますが、身内間の不動産売買で通常の住宅ローンで買うことは困難です。なんで身内だとダメかって?長くなるので気になる方はリンク先を参考に。
http://www.re-ninbai.com/ninibaikyaku/parent004.html

いまは他人ですが元々はご夫婦です。今回のような件が認められれば、主人が支払い困難になったら偽装離婚をして、妻が住宅ローンを組んで資産を隠すようなこともできてしまいます。もちろん、相談していただいた方はそんなつもりはないでしょうけれど。


で、ちょっと金利と手数料が高く、物件価格の80%までしか融資してくれませんが、こういったケースでも融資してくれる金融機関を紹介してみました。本当に安くないので、個人的にはあまりお勧めはしていないんですけど、残す方法としては他にないので仕方ありません。


収入がある程度ある方でしたので、ひょっとして100%融資できるかもと思い、金融機関の担当と話しましたが、やはり物件価格の80%までしか融資でないようです。


3か月程前に、同じような身内間(その時は親子)でここの金融機関を利用して100%融資して取引していたので違いを聞くと、不動産の評価のようです。前回は、上野駅のそばで数年して売ってもほぼ間違いなく全額回収できそうな物件です。それがわかったため、最終的にはリフォームもしないのに、「何かと物入りでしょうから」と、諸費用までも融資を勧めていました。


金融機関ってそんなもんですよね。
でも、そのまま住みたい意思も強いようですので、もう少し頑張ってみます。本当は、近所の中古物件を買ってもらったほうが無駄な金利や手数料を払う必要もなくいいんですけどね。



↓ 何位かな?
 にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ


スポンサード リンク


【関連するブログ記事】

« | »

コメント

この記事にはまだコメントが投稿されていません。

コメントを投稿する